デジタルマーケティングトピックス 3月

3月なのにこの寒さ。厳しいです。

Googleの検索品質ガイドラインが更新

キュレーションサイトの件からしばらく立ちまして、Google自身も新たなアルゴリズムの導入など行ってきましたが、検索品質ガイドラインの更新も今回行われました。

Googleが検索品質評価ガイドラインを更新!【General Guidelines March 14, 2017】 | プロモニスタ

2017年3月14日にGoogleの検索品質評価ガイドラインが更新されました。最後の更新は2016年3月28日だったので、一年ぶりの更新です。 検索品質評価ガイドラインとは Googleの検索エンジンはアルゴリズムによって、検索クエリに対するベストな検索結果を返そうとしています。その精度を上げるためにGoogleはアルゴリズムに年間数百回の変更・修正を加えています。 こうして、Googleの検索結果のユーザビリティをあげようとしていますが、それには定期的な観察と評価が必要になります。そのため、Googleでは外部の評価者を雇って(一般に求人されるようです)、検索結果の評価を依頼しています。その際、雇われた評価者に渡されるのが「検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)」というものです。これには、どのようなページやサイトが品質が高いと言えるのかや、何がスパムで、何が詐欺サイトなのかといった判断をするために必要な参考例などが記載されています。 かつてはこの文書そのものは社外秘でしたが、度々流出騒ぎがあったりした結果(なのかどうかはGoogleにしかわからないですが)、2015年の11月に一般に公開されるようになり、今回のものはそれから数えて3つ目のバージョンです。 項目の変更点 2016年3月版のものと比べて下記の点で変更が行われているようです。 追加された項目 7.9 : Promotion of Hate or Violence(ヘイトや暴力を推進するもの) 14.6 : Upsetting-Offensive Flag(侮辱的-攻撃的なもの)   主に追加されている大きな項目はこの2つの追加のようです。一部表現が変わったり、評価ツール(評価時に使うもの)の使用説明に関する部分の変更はのぞいています。 下にそれぞれどのような内容が記載されているのかを翻訳して記載します。 ヘイトや暴力を推進するもの ページ唯一の目的が、人種や民族、宗教、性別、国籍、身分、障害、年齢、性的指向、兵役経験などを含む人々に対して、ヘイトや暴力を撒き散らすようなものだとしたら、最低レベルの評価にしてほしい。ヘイトや暴力を主張するウェブサイトは、現実世界での危害の原因となりえるからだ。 侮辱的-攻撃的なもの

プロモニスタ

もともと、Googleのやりたいとは昔から変わっておらず、「検索する人の目的がいち早く達成できる結果を返すこと」

以前は最も答えを返す可能性が高いサイトへの誘導。という手段でそれを行ってきましたが、最近はGoogleの検索結果上に直接結果を表示させたり、表示内容をリッチにしていくなど、その手段も変化しつつあります。

しかし、キュレーションサイトやフェイクニュースが世の中に増えるにつけ、「不正確な情報」が世の中に増えました。それは、ある意味検索する人の目的を達成することもあるかもしれませんが、もちろんそうでないケースもあり、特に健康やお金といった個人の生活に大きな影響を及ぼす領域では特に情報の信頼性は重要です。

昔からGoogleは「YMYL(Your Money Your Life)」というお金や健康に関わる領域は特に情報の確度を確かめるアルゴリズムを入れて品質を高めていると公言してはいましたが、まだまだ日本語の処理の中で至らないところもあったことで、あれだけのニュースになる一件となったのだと思います。

今回の検索品質ガイドラインの変更も、そういった意図での変更と読み取れる内容となっております。主に重要なのは以下2点

・攻撃的、侮辱的、差別的な内容を否定する内容の追加

・最重要項目を「コンテンツの質と量」から「専門性・信頼性」に優先順位を変更

特に後者は、今まで両方共重視する項目としては存在していたものの、質と量というかなりファジーな表現から、信頼性(コレもファジーですが)という形に内容が変わったというのが、今回の一件を意識したかどうかはわかりませんが、理念に基づいたサービスを実現するために必用な考え方だ。と表明したということだと思います。


インターネットテレビ局「AbemaTV」における Googleアナリティクス360の活用事例

内容のまとまり具合がすばらしいと思います。

この内容の肝は、実際はGAであることでもGA360であることでもなく、新たなビジネスモデルにおいて、成長のための道筋(指標)を見つけだし、それを効率的に磨くことのできる計測環境を整えていること。

なんとなくの視聴率だとか、リーチ数だとかで見ている環境ではたどり着けない「リアルな数字」にアプローチするという考え方は次世代のプロモーションないし、サービスグロースのスタンダードになると思います。

ちなみに、Webの基礎的な分析の記事もありますので、このあたりを見るのも良いと思います。



GoogleのABテストツール「Google Optimize」

ABテストというのは、Webサイトを改善するためのもっとのミニマムで最も確実な方法だと思います。昔からあるツールで言うとKaizenPlatformや、Optimizelyなどがありますが、基本的に仕組みはすべて同じで、Webページがロードされる際にJavaScriptで表示を2パターンに分けてどちらの性能がいいかを計測するものです。

Googleが出すツールとしての既存ツールとの差分は「GAのセグメントを元にターゲティングできる」という点が最も大きいと思います。ターゲティングの精度を高められるということは、検証したい仮説の検証精度があげられるということなので、使い方のアイデアは広がりますね。

もちろん、それだけではなくて多変量というABテスト以上に色々なパターンを試す手段もあるので、無料で使えるという以外にも使いこなす価値の高いツールであるといえます。

使用方法などは以下を参照ください。



Twitterから高校生が締め出される

これ、割りとサラッと言ってますけど大きな話だと思います。

若年層にリーチし易いメディアと言えばInstagramもCChannelもあるかとは思いますが、あんまり広告臭いクリエイティブが受けづらい、つまり地道に刷り込むのには向いてるけど積極的にアクションを促すのには向かないメディアなんですよね。

その点Twitterは利用者数の観点でも比較的広告へのアクションも促しやすくて若年を取るにはもってこいメディアだと思っています。

それがまさかのレーティングの上昇によって、年齢が登録されておりペアレンタルコントロールが効いている若者は利用できなくなりました。若年の何割程度がその対象になっているかは不明ですが、減るは減ると。

しかしTwitterの広告の審査はわりと「大丈夫か」って思うぐらいゆるく、公式のロゴを勝手に使ってるポイントサイトとか消しても消してもターゲティングされるアダルト広告とか、若者にもこれが出てると考えるとメディアとして適切ではないな、と利用者としても思います。レーティングで対応するのもよいですが、もっとイケてる掲載フローとかフィルタの開発にも力を入れてほしいところです。


また、新たなトピックスが溜まり次第記事を書こうと思います。
よろしくお願い致します。